SSブログ

LinkStation LS-CLシリーズ HDD交換 [Computer]

LinkStation LS-CLシリーズ HDD交換方法
1.分解
下部のシール(黒色)を2か所はがし、MAC アドレスのシールをはがす。
2か所のツメをドライバーで押して中に入れる。
後は、マイナスドライバーでこじ開ける。
ツメのみで止まっている。11か所。

上部のネジを1か所外し、基盤を取り出す。基盤はケースにはめ込まれているだけ。
ファンのコネクタを外すのを忘れずに。

HDDと基盤は、上部2か所と横1か所で固定されている。電源とSATAは差し込み式。

2.換装用HDDを取り付ける。
今回使用したのはWestern DigitalのWD Caviar GreenシリーズWD10EARS(1TB)4,980円。Samsungの7,200回転、32MBキャッシュも同価格だったが、静音性と64MBキャッシュのWD10EARSを選択(5,400回転)。Link stationに使用されていたのがSamsunng製だった。
一瞬、しまったと思ったがこうなったらやるしかない。
まえに、同様の換装でHitachiのHDDは相性が悪いらしく出来なかったことがあったので、今回も不安が走る。

3.PC(Windows)側での準備
●NAS Navigator2
●LS-CL用ファームウェアアップデータ1.02
●TFTPサーバプログラム TFTPD
●PCのIPアドレス変更

NAS Navigator2
PCにインストールします。(既にインストール済みであればOKです。)

LS-CL用ファームウェアアップデータ1.02
LS-CL用ファームウェアアップデータの最新版は1.11ですが、1.11だとうまくいかないようで1.02を用意します。BUFFALOのサイトにあります。
 157,983,765 Bytes
ファイルを実行すると、解凍されます。

解凍されたファイルの中に「initrd.img」というファイルがあるので、拡張子をzipに変更します。
これを、解凍するのですが、パスワードを要求されます。
パスワードはネット検索してください。

パスワードを入力して解凍に成功すると「initrd.buffalo」というファイルができます。
このファイルを、「lscl-102.exe」を解凍したフォルダ「lscl-102/ LS-CL_FW1.02」に入れます。
「LS-CL_FW1.02」フォルダ内ファイルは以下の通りです。
LS-CL_HDD01.png

TFTPサーバプログラム TFTPD
Trivial File Transfer Protocol (TFTP) は、 ブートイメージをクライアントに提供するために用います。
TFTPDをダウンロードし、解凍します。解凍されたフォルダ「TFTPD」の中のファイル「TFTPD.exe」を実行します。このプログラムはタスクバーに常駐します。セキュリティ警告が出たら解除してください。
タスクバーの中の「TFTPD」アイコンを右クリックし設定を選択します。
LS-CL_HDD02.png

パスの設定をします。
フォルダ「/lscl-102/ LS-CL_FW1.02」を指定します。
LS-CL_HDD03.png

TFTPDについて
LinkstationはTFTPブートができるみたいです。
TFTPDのサーバが特定のIPアドレス192.168.11.1-255.255.255.0で存在するとそこにアクセスして、initrd.buffaloとuImage.buffaloファイルを読みにいって、そのカーネルで起動するようです。
このTFTPブートした後でLinkStationのファームウェアアップデートをしないといけなのです。
TFTPでブートするにはTFTPでアクセスする先のPCにTFTPサーバを起動しておき、必要なファイルをアクセスできるようにしておく必要があります。

PCのIPアドレス変更
TFTPDを起動しているPCのIPアドレスを変更します。
LS-CL_HDD04.png

IPアドレス 192.168.11.1
サブネットマスク 255.255.255.0
LS-CL_HDD05.png

4. Linkstation LS-CLを起動
PC側の準備が出来、PCで「TFTPD」が起動している状態で、HDD換装したLinkstation LS-CLを起動します。
この時、POWERスイッチは、「AUTO」ではなく、「ON」にしておきます。
当然、赤ランプが点滅します。
Linkstation LS-CLの「FUNCTION」ボタンを押します。
この段階では、まだLinkstation LS-CLは、解体状態です。
ただ、「FUNCTION」ボタンを押すためには、筺体にHDDを組み込んだ状態にしなくてはいけません。上手に組み込まないと「FUNCTION」ボタンを押すことができません。
組み込んだ状態で、「FUNCTION」ボタンが動かなかったら、再度組みなおしましょう。

うまくアクセス出来ると、タスクバーの「TFTPD」の色が緑に変わり、Linkstation LS-CLがファイルを読み込みます。この時に読み込まれるファイルは、「initrd.buffalo」と「uImage.buffalo」です。
私の場合は、数分だったと思います。

5. LS-CL用ファームウェアアップデータ1.02の実行
「NAS Navigator2」を起動すると、Linkstation LS-CLが認識されます。
Web設定でLinkstation LS-CLのIPアドレスを変えます。
IPアドレス 169.254.10.100
サブネットマスク 255.255.0.0
LS-CL_HDD06.png

この状態でPCからLS-CL用ファームウェアアップデータ1.02を実行すると、IPアドレスがあっていないので、アップデート出来ないような、警告が出て、アップデートできませんでした。
そこでPC側も同じIPアドレスに変更してみました。
すると、アップデートが始まりました。
よくわかんないけどヤッタネ。

このアップデートはかなり時間がかかったような気がします。
また、最後に「再起動が確認できなかったのでアップデートを中止します」と表示され、失敗したかと思ったのですが、動かしてみると正常動作しているようです。
これは、IPアドレスを変更している場合に起こるようです。
アップデート後「NAS Navigator2」を起動すると、認識時にIPアドレスを自動取得してくれます。
PC側は、手動で元に戻します。

ここまでくれば、もう大丈夫です。筺体をかぶせてLinkstation LS-CLを所定の位置に置きましょう。

6. LS-CL用ファームウェアアップデータ1.11の実行
最新版のファームウェアアップデータ1.11を実行して、ファームウェアをアップデートします。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

花薗賢幸

参考にさせて貰って、HDDを交換して、PCとクロスケーブル繋いで起動しました。ファンクションボタンを押したらNASのランプが赤から青になり、TFTPDのログを見ると、uImage.buffaloのRead Successが延々続いています。
記事を読むと数分とありますが、終わったらどんな変化があるのですか?
また、終わらない理由って思い当たりませんか?
合わせても9Mぐらいのファイルなので、そんなに時間がかかるのはおかしいですよね。
今、前に進めない状況です(*^^*)
by 花薗賢幸 (2012-11-28 18:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

Mac OS X 再インストール2011年は ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます